虫歯の原因を正しく知って虫歯予防

>

定期検査は歯の健康診断

虫歯の原因

ミュータンス菌などが作る酸により、歯が溶かされます。歯垢の中にいる力の強い菌が多いと虫歯になりやすくなります。糖質をエネルギー源とし、餌にします。歯を溶かす酸を作り出し、磨き残しは歯垢を蓄積します。糖分を取りすぎ磨き残しがあると細菌の活動が活発となり、虫歯になります。また、食事回数、歯並び、歯磨き、唾液分泌量などから虫歯になります。歯と歯の間、歯の根元は歯磨きしづらく、手入れが行き届かない事が多くあります。磨き残しから度々歯周病になったり、歯医者で器具を使っても取れない汚れになります。歯の根元は、加齢により歯茎が下がり、露出した部分が虫歯になりやすくなります。詰め物と歯の隙間は、詰め物が噛むことですり減ります。詰め物と歯の間に隙間に歯垢がたまって虫歯になります。

虫歯になりやすい特徴

歯磨きは一日1回以下、間食・だらだら食べは常に口の中に食べ物がある、甘い物を良く食べる事は歯垢が溜まりやすく、
細菌の増殖を招きます。よく、歯は丈夫だから健康診断は行くけどもう、何年も歯医者には行っていないと言う人がいますが定期的、数年、もっと長いスパンで歯医者に行っていないと気付かないうちに虫歯になっている事があります。口の中がよく乾くのは殺菌効果の唾液不足の為です。虫歯菌が多くなります。歯並びが悪いと磨き残しから歯垢が付きやすくなります。歯周病があると歯茎が下がり、歯と歯の間に隙間が出来ます。被せ物、詰め物が多いと詰め物と歯の間に隙間ができやすく、虫歯になりやすくなります。虫歯になりやすい生活習慣、口内環境を注意しなくてはいけません。


この記事をシェアする